ドッグフード

秋田犬がドッグフードを食べないときの対処法!食欲を戻すためにすること

秋田犬がドッグフードを食べないときの対処法!食欲を戻すためにすること

体の大きな秋田犬がドッグフードを食べなくなると、飼い主さんとしては心配になってしまいますよね。

まずは、食欲がなくなってしまう原因を突き止め、原因に応じた対処法を実践することが大切です。

今回は、秋田犬の食用を戻すためにするべきことについて、詳しくまとめてみました。

秋田犬を飼っている方は、是非参考にしてみてください!

秋田犬がドッグフードを食べない原因と対処法

秋田犬がドッグフードを食べない原因はいくつか考えられます。

考えられる原因と対処法を以下の通り、挙げてみました。

病気

1日くらいなら食べなくても問題ないですが、それ以上続くようであれば、何らかの病気である可能性も考えられます。

食べないこと以外に、水も飲まない、嘔吐、下痢、元気がないといった症状もあるのであれば、病気の可能性大です。

その場合は、すぐにかかりつけ医の診察を受けましょう。

また、日頃から定期検診に行くことで病気の早期発見にも繋がります。

季節

秋冬に溜め込んだ脂肪を落とし、夏の暑さに備えるために食べる量を調整していることもあります。

他に症状がなく、元気なのであれば、季節性のものなので、特に対処は必要ありません。

時期

飼い犬が、春になると食欲がなくなるというのは、よくあることです。

実は、春は発情期にあたります。

発情期になると、食べる量は減ります。

また、ヒート中も食欲が減退することがありますが、元気そうにしているのであれば、様子を見るだけで大丈夫です。

環境

引っ越しをしたり、他の猫や犬が家族に加わったり、生活環境が散らかっていたりすると、ストレスになって食べなくなることがあります。

環境の変化に付いていけないこともあるので、その原因をなるべく取り除いてあげるようにしましょう。

飼い主さんでもどうすることもできない環境の変化もあるので、一緒に遊んでコミュニケーションを取ったりして、ストレス発散の機会を与えてあげてください。

ストレス

犬もストレスを抱えることがあります。

留守番の時間が長かったり、生活環境が変わったり、運動不足だったり、何か心当たりがあるなら、要注意!

ストレスの原因に思い当たることがあれば、それを改善してあげましょう。

わがまま

ドッグフードに飽きるということはまずありません。

そのため、単なるわがままで食べないという可能性もあります。

人間の食べ物を与えていたり、おやつが習慣化していたり、ドッグフードを色々試している飼い主さんは、要注意です。

何故なら、与えられたドッグフードを食べないことで、何か別の物がもらえるかもしれないという気持ちになっているからです。

栄養バランスが整っているドッグフードを選び、時間を決めて与えましょう。

そして、20〜30分経ったら下げてみてください。

与えられた時に食べないと食べられなくなるという意識を付けさせることで改善も期待できます。

ドッグフードの好みが合わない

秋田犬に限らず、犬は味や質感、香りを判別してドッグフードが美味しいかどうかを見極めています。

その上で食べないとなると、香りが気に入らない、歯触りが嫌ということが原因なのかもしれません。

まずは、栄養バランスを考慮した上でトッピングをしてみたり、ふやかして歯触りを変えてみたりすることも有効です。

お湯でふやかすと栄養素が壊れてしまうので、ぬるま湯や水を使うようにしましょう。

老化

老化が始まると、代謝が落ち、運動量も減り、消化機能も低下していきます。

その結果、食欲がなくなってしまうということも十分考えられます。

シニアの秋田犬にこれまでと同じように食事を与えてしまうと、消化器官への負担もかかり、体調を崩すこともあるでしょう。

ドッグフードの量を減らしてみたり、回数を分けたりするのもおすすめです。

噛みやすいドッグフードに切り替えるのも良いですよ。

歯が少ない・歯がない

歯が抜けて少なくなっていたり、そもそも歯がないとなると、食べる気力を失って食欲がなくなることがあります。

歯が少なかったり、なかったりすることの原因として、歯をはじめとする口内環境の悪化も考えられるため、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

また、ドッグフードはふやかしてみたり、ウェットフードを取り入れるのも良いかもしれません。

秋田犬のライフステージ別食べない原因と対策

食べない原因を探り、対策を打ち出すためにも、秋田犬のライフステージを考慮する必要があります。

2パターン挙げてみました。

幼犬・子犬の場合

幼犬や子犬の食欲減退の原因は、わがまま、もしくは体調不良のどちらかであることがほとんどです。

わがままの場合は、その原因を探っていきましょう。

そして、その原因を解決できるような改善策を実践してみてください。

体調不良の場合は、他の症状も発症していることが多いため、かかりつけ医に診察をしてもらいましょう。

老犬・高齢犬の場合

秋田犬もシニアになってくると、歯が抜けたり、消化器官が衰えたり、美味しさを感じにくくなってしまったりと、色々なトラブルが生じてきます。

食事が食べやすい姿勢になれるような台を用意したり、食事の量や形状を変えるのも有効な解決策です。

ウェットフードの方が風味が豊かで食べやすいので、こちらも試してみると良いかもしれません。

秋田犬がドッグフードを食べないときに試すこと

秋田犬が食べない時に、飼い主さんが試してみるべきことがあります。

すぐにかかりつけ医に行くのではなく、まずは自分でできることをやってみましょう。

ドッグフードをふやかしてみる

ドッグフードをふやかすのは、王道の対処法です。

いつも与えている量のドッグフードを皿に入れ、ぬるま湯でひたひたになるくらい浸します。

その後、10分程度放置すると、良い具合にふやけるので、この状態で与えてみてください。

ドッグフードにアレンジを加える

ドッグフードに、ウェットフードを少しトッピングするなど、いつもとちょっと違う与え方をすると、食いつきが良くなることがあります。

タラやささみ、豚ヒレ肉などを茹でてトッピングするのもおすすめです。

ふりかけやサプリを加えて香りを出す

犬の健康をサポートしてくれるふりかけやサプリも市販されています。

こういったサプリは、ドッグフードに加えても害はありません。

サプリを加えて、美味しそうな香りを出すのも一つの手です。

ウェットフードに切り替えてみる

ドライフードよりも、ウェットフードの方が香りが豊かで食欲をそそることがあります。

まずはトッピングから試してみて、気に入った様子であれば、思い切って切り替えてみるのも良いかもしれません。

秋田犬が食べない場合は食いつきのいいドッグフードを与えてみてください

秋田犬が食べなくなると、大きな体を維持できているのか、心配になってしまいますよね。考えられる原因も、様々です。まずは、食いつきの良いドッグフードを与えてみて様子を見ましょう。

日頃から定期検診にも通い、ちょっとした体調の変化にも気付いてあげられるようにしてください。