フラップ(蓋)を作らないレーザー治療「PRK」

 PRKは、レーシックと同様にエキシマレーザーを使用した治療法ですが、フラップ(蓋)を作らずに、角膜の表面からレーザーを当てて、角膜のカーブを調整します。
 PRKの場合、術後に2〜3日間痛みが生じる、視力が回復するまでに1週間程度かかる、点眼する期間が長くなる、などのいくつかのデメリットが上げられます。
 しかし、逆にメリットもあります。レーシックではフラップを作るため、前述のPRKのデメリットが改善されましたが、フラップは接着が完全ではありません。通常の生活では全く問題はありませんが、強く目をぶつけたりした時に、フラップがずれたりする可能性があります。そのため、柔道やボクシングなどの格闘技を行う人には、フラップのないPRKのほうが適しています。また角膜が薄い人には、レーシックではなくPRKが適応になる場合もあります。

そのレーシック、本当に大丈夫?

関連記事

最新記事